チラシの裏

アニヲタ談義とか仕事の愚痴とか特撮話とかライブ日記とか。

今日はうどん。

日付変わっちゃったけど今日(9/26)はうどんを食べたよ、の日記。
渋谷C.C.Lemonホールでイベントを見る前の腹ごしらえは
時間がなかったので公園通りの「はなまるうどん」でパパッと。

温玉ぶっかけ(中)+なす天=504円。うーんリーズナブル。
温玉ぶっかけ(中)+なす天。
時間がないから冷たい方にしますた。
麺がきゅっと締まってウマウマ。
なす天はちょっと油くさくてイマイチだったにゃー。

ちなみにうどん派かそば派かと問われればぶっちぎりでうどん派です。
うどんなら太麺でも細麺でも何でもドンと来いです。
さらに言えばうどんよりそうめん派です。
昨日の残りのそうめんを味噌汁に投入すると旨いんだよね(´∀`*

お彼岸にカレー南蛮。

ウチのブログは夜更けに読んではいけない、かもしれない(笑)。

えー、今日はお彼岸の中日、ということで家族でお墓参りに行きまして、
地元に戻ってから駅前の蕎麦屋で遅めの昼食をとりますた。
連休最終日は曇りときどき晴れ、木陰に入れば爽やかな風が心地よい行楽日和。
こんな日はやっぱカレー南蛮でしょう!(根拠なし)
カレー南蛮蕎麦。
食いかけの写真でスミマセヌ(^^;
あー、蕎麦屋のカレーってなんでこんな旨いんだろう!

店頭に新メニューを紹介する張り紙が。
「ミニ豚丼セット」の文字に、つい「ミニブタが丸ごと載った丼ごはん」を想像……。
いやいやいや、「豚丼の小さいの」のセットだっつーの。
いかんなー、疲れてるだろうか自分。

豊洲にて。

もともと麺好きなところに金田ジュニアのブログの影響もありつつで
外出するたびに麺ばっか喰ってる気がする今日この頃。
麺喰い日記カテゴリだけアメブロに移転しようかしら。
そしてラーメンブログの5位を狙うのだー、なんつって(笑)。
(ちなみに金田ジュニアはここ数日不動の4位w)

んでまあ、今日はららぽーと豊洲のフードコートに入ってる
「博多ラーメン由丸」で豚骨ラーメン750円を食した次第。
とんこつラーメン。

従業員が日本語のたどたどしいアジア系のおにーさんたちゆえ、
「麺堅めで」とか注文付けていいのか迷う……。
「ネギ入れないでー」と言うのが精一杯ですた(^^;
そしたらネギの分だけキクラゲ大盛りにしてくれたっぽい(笑)。
わりと淡泊で甘めのスープと、取り立てて主張しない麺。
チャーシューとキクラゲも特に言うことなし。
ワタシ的に最重要な煮卵は、完熟だけどポソポソになる一歩手前の絶妙な固さで◎
ショッピングセンターのフードコートという場所を考えれば
悪くない味だったと思うですよ。
さらっとスープまで完食いたしますた。ごちそうさまんさー。
チャーシューごはんや高菜ごはんも美味しそうであったにゃ(´ρ`)

赤坂、麺の旅。

最近多いな、麺喰い日記(笑)。

寝しなにぼーっと見ていた朝の情報番組で「麺通団」が先月末に赤坂に進出したことを知り、
早速行ってきた次第です。

「麺通団」は讃岐うどんの店ですが、うどんに乗せる天ぷらを中心に
肉じゃがや豚の角煮といったつまみ系の料理と、
日本酒・焼酎の品揃えが充実しているご様子。
なので平日(木曜)の夕方6時というと、会社帰りに一杯って感じの客層が多いですな。
でも行列ができるほどではなく、客席の埋まり具合は4割ってところ。

入り口で麺のオーダーをして、トッピングやおつまみなどは
セルフサービスでトレーに乗せてお会計、という流れ。
(お酒はお会計してからセルフで注ぐみたいです)
まずオーダーの時点でけっこう待たされた。人手不足か?
赤坂店限定の「豆乳キムチうどん(小)」690円ってのが美味しそうだったので、
張り切ってオーダーしたらば在庫確認でさらに待たされた挙げ句に
「あー、豆乳終わっちゃいました、すみません」と。
最初のお目当てをゲットできないと途端に全部萎え萎えになるB型の私、
もう帰ろうかと思ったけど腹は減ってるんで「釜玉(大)」440円にチェンジ。
ここですでに印象がた落ち/(^o^)\

目にとまった豚の角煮500円と、「揚げたてですよー」の声に釣られて
ちくわ天100円をトレーに。合計1040円です。
今宵の夕餉。
煮物系は盛り放題状態なのでつい大盛りに……500円の元は取ったか?
カロリーもすごそうだわ(^^;

麺は讃岐系にしては細めなのが売りだそうで。
細麺好きな私でもこれはちょっとコシが足りないなーと。
冷水で締める「ひやかけ」の方が良かったかしら。
角煮とちくわ天は可もなく不可もなし。
個人的に辛い大根が苦手なので角煮の大根の辛さに涙目ですた。失敗。

食後はこれまたセルフで食器を下げて出口へ。
店の奥にある食器の下げ場を経由して店を出るっていうのが
なかなかに面倒だったり。店内の通路が狭くてな……。

そんなこんなで好感度はだいぶ低め。
コスパも味もはなまるうどんの方がいいんじゃね?
というのが正直な感想ですな。
赤坂という場所でこの値段で飲み食いできると思えばお得かも。
まだ開店して1ヵ月も経ってないので、
麺の味と店員さんのスキルについてはしばらく様子見でしょうか。

葉ものに飢えている。

私の中でラーメンブームが再来している模様ですよっと。

日付変わって昨日、9/11は池袋西口でラーメンを食してまいりました。
最近野菜不足というか葉ものに飢えているもので、
具の白菜にこだわってることが売りらしい「どうとんぼり神座(かむくら)」へゴー。
私がまだPENICILLINを追っかけてた1997年ごろ、
お友達でGISHOファンのS嬢が「神座」を強力にオススメしてくれていて、
大阪に行ったら食べに行こうと思い続けるうちに10年以上経ってしまった(笑)。
いつの間にか池袋にも出店してたんだね。

そんなこんなで「神座」の「おいしいラーメン」(このネーミング……)に初挑戦。
半熟煮卵をトッピングした「煮卵ラーメン」750円也。
店の外にある券売機で食券を購入するシステムです。
席は全席カウンター。夕方4時過ぎの店内はガラガラ。
その割に、計ってないけど体感的に5分以上待たされたよーな(^^;
「煮卵ラーメン」

白菜増量キャンペーン中で通常130gのところを150gも盛ってくれたぞ。
具は白菜のほか、とろとろのチャーシュー(ちょっとしょっぱい)と、ゆでた豚肉!?
白菜と豚肉の組み合わせに、独特のスープ……。
これは確かに噂通り「豚鍋のシメにラーメンを煮てみた」って感じですなあ。
このスープはラーメンよりもごはんを投入しておじやにしたい味。
全体的に悪くはないけどパンチに欠ける、良く言えば優しい味わいで、
呑んだあとに食べるともっと美味しく思うかもしれないね。
腹ごしらえとして食べるには少々物足りないので辛味噌をがんがん投入して完食。

個人的な好みで言うともう少し白菜にしっかり火が通ってると嬉しいかも。
あのシャキシャキ感より白菜の甘みを感じたい……のだけど、
これで白菜がとろとろだとますます鍋物っぽくなっちゃうか。
あ、半熟煮卵はワタシ的に非常にOKですたよ。

「1回食べてもわからない、3回食べるとクセになる」というのが
この店の売り文句だそうで。
残念ながら2回、3回と食べたい味ではなかったなあ。
私の向かいに座ったハスキーボイスが素敵なおねーさんが
2.5倍盛り(!)のつけ麺をぺろりと旨そうに平らげていたので、
機会があればつけ麺にトライするかもしれませぬ。でも予定は未定。

今日は原宿店。

今月2度目の麺喰い日記。

今日は渋谷AXでJさんのライブ。
腹ごしらえは渋谷の「はなまるうどん」で釜玉かなーと思ったけど、
台風接近中で変に涼しいじゃないか。
釜玉よりも熱々の辛口ラーメンが食べたい!
てなワケで原宿で下車、「九州じゃんがら」の原宿店に行ってきたです。
……なんか、じゃんがら経由でJさんのライブに行くのが定番になりそうだわ(笑)。

夕方4時半頃行くと席は半分以上空いてますた。
とんこつスープに辛味スパイスが効いた「からぼん」を、麺は堅めでオーダー。
トッピングには前回赤坂店で気になってた「ゆでキャベツ」。
↓ ほーらスープが赤いよ赤いよー、わくわく。(←激辛好き)
からぼん。

でも見た目ほど強烈な辛さじゃないのね。
もう少しスープが熱々だったら良かったかな。麺もバリ堅で良かったかも。
「ゆでキャベツ」自体はキャベツの甘みが出てて非常に(゚д゚)ウマーなのだけど、
こいつを投入してしまったら辛さがマイルドを通り越して物足りなくなってしもた(^^;
スープの温度もさらに下がっちゃったしねえ。いやー失敗失敗。
なので辛子高菜を少々投入。おお、いい感じだー。
いろいろと調整を楽しみながらスープまで完食。
なんだかんだで美味しくいただきますた(´∀`*
スパイスが体内で燃焼してるぜーって実感しながら店を出ましたよ。

こんどはニンニクたっぷりの「こぼんしゃん」に挑戦したいッス。
さすがにニオイが気になるのでライブ前はNG。
ライブ前じゃないときっつーといつ行けるかなあ?
ライブ後の時間だと混んでるだろうし、うーむー。

とろとろスープ(゚д゚)ウマー

半年ちょいぶりの麺食い日記。

昨日、8/12は赤坂までお出かけということで、
せっかくなので赤坂駅近くでラーメンを食べようと思い立ちますた。
10年以上食べてない「赤坂ラーメン」に行くことも考えたけど、
どうせなら新規開拓しよーぜ、と、「九州じゃんがららあめん」の赤坂店へゴー。

博多とんこつ系が大好きなくせに、実はじゃんがら初体験。
前々から原宿に行くたびに食べたい食べたいと思ってて、
でもいつも急いでたり行列がすごかったりで食べられなかったのだよね。
念願かなって嬉しい限り。

20席くらいしかないから、普段は行列ができるらしく。
でも平日の夕方6時というと夕食には早いからか、待ち時間ゼロで済みました。

まず店の入り口にあるレジで注文&会計を済ませるシステムです。
トッピングや替え玉は席で追加注文できるんだね。
定番の「九州じゃんがら」にしようかな、夏季限定のつけ麺もいいな、
スープ真っ赤な激辛系もいいな、と思いつつ、
「クリーミーで男っぽいとんこつスープ!」的なあおり文句に惹かれて
「ぼんしゃん」700円+煮卵100円=800円 をオーダー。
店舗によって値段が違うから公式サイトに値段が載ってないってのはマジっすか(^^;

移転したばかりとのことで明るくて小綺麗な店内。
席は全席壁に向かったカウンターで、食べることに集中できます。
椅子は座面が広くて座りやすい。
けど、その分だけ隣との間隔が狭くなるのが厳しいかな?

待つこと数分。来たー。
090812_1825.jpg
スープの色は画像より白っぽくて美人さんです。とろとろつやつや。
表面に薄く膜が張ってるのは脂ではなく、とんこつのコラーゲンでショッカー。
具はキクラゲとチャーシュー少々とネギ、あと、トッピングの煮卵。

スープの味が非常に好み!
しょっぱすぎずコクがあるとろとろスープ。いいねいいねー。
麺は極細ストレートです。注文時に「堅めで」と言いそびれて普通ゆで。
んー、やっぱもう少し堅い方が好きだ。でも旨い、っつか単純に極細麺好き(笑)。
煮卵は白身からほのかに鰹やこんぶの出汁が香るのは素敵なんだけど、
黄身の真ん中までしっかり固まってるからポソポソしちゃってイマイチ。
ビックリしたのがネギ。
自分、いつもネギ抜きで注文するほどのネギ嫌いなのに、
ここのはネギ独特の甘みが強くて美味しくいただけてしまったのだ。奇跡か。

辛子高菜と紅ショウガは盛り放題。
「最初から大量に入れないで」「口直しに少しだけ入れて」的な
注意書きがぺたぺたと器に張られています。
なので終わり近くに辛子高菜を少しスープへ投入。
いやー、パンチの効いた辛さですよこれ。少しにしといて正解(^^;
〆にすりゴマをスープに散らし、完食。
ライブ前なので替え玉は自粛(笑)。
店員さんたちがテーブルを片付けたりしながら
口々に「替え玉いかがですかー」と言ってくれるので、
「替え玉食べたいけど店員さんに声を掛けるのが恥ずかしい」
という人も頼みやすいかもしれんね。

並んでまで食べるほどかというと微妙な感じだけど、
並ばずに済むならまたぜひ食べたいなと。
ほかのメニューも食べてみたいし、
追加トッピングの「ゆでキャベツ」も気になるるる。
「全部入り」にしてしまうと軽く1000円を超えるのが痛いか。

知り合いが「じゃんがらは秋葉原が一番旨いから一度行っとけ」と言うんですが、
秋葉原自体行く機会がないんでどうしたもんだか。


食べ終わって店を出て、BLITZの前まで来たらこんなのが走って来たー。
090812_1844.jpg
赤坂サカスのイベントで走らせてる「世界陸上トレイン」だそうな。
ちっこくて可愛かったよん。

南池袋麺事情。

すっっっっっっっっごく久々の麺喰い日記。

一昨日、今日と続けてTHEATER GREENに行ったわけですが、
池袋駅からTHEATER GREENに行く途中、腹ごしらえできる店はないかとキョロキョロしてたら、
讃岐うどんの「丸亀製麺」と博多ラーメンの「一風堂」が並んでるのを発見。
んなワケで、一昨日は「丸亀製麺」、今日は「一風堂」で遅いお昼をいただきますた。

お昼時にはけっこうな行列ができるらしい人気店。
でも午後2時過ぎだからどっちの店もかなりすいてましたよ。

讃岐うどんといえば釜玉でしょ!
(※間違いなくこないだの「メイちゃんの執事」を引きずってるよ自分…)
てことで、「丸亀製麺」では釜玉うどんの大をオーダー。
(※前日までおなか下ってたことは忘れておきます)
注文を受けてから麺を茹でるので5分ほど待たされます。
待つのはかまわないんだけど、店員さんたちの手際がいまいちよろしくなく。
せっかく茹でたてをいただけるはずが、お会計で更に待たされて冷めちゃった。ざんぬん。
麺の味は可もなく不可もなく、かな。だし醤油は(゚д゚)ウマー。
数年前に行った「東京麺通団」の方が好印象だったかも。

初めて行った「一風堂」は、とりあえず店員のお兄さんたちがイケメン揃いでうはうはですw
物腰も丁寧で、何より声がいい。この時点ですでにワタクシ上機嫌。(おいおい)
今日は寒かったので「からか麺」(←辛味噌のせラーメン)をオーダー。
辛さが4段階選べたんだけど、一番ソフトな「ふつう」で様子見。麺は硬めで。
まず、海苔・チャーシュー・煮卵半分・一口大のご飯が乗った別皿が登場。
このご飯、明太子とケチャップで和えてあるのかな? ピリ辛でウマウマです。
「よろしかったらおかわりもどうぞ」と言われましたよ。なんと。
少し厚めのチャーシューは表面が香ばしくて脂身とろとろだ。
続いてメインディッシュ。
辛味噌を溶く前にスープを味わってみます。
おー、これすっごい好みだ!
わりとあっさり目の豚骨ですな。
あっさりしてるのに辛味噌を溶いても辛さに負けないコクがある。
細麺との相性ばっちしです。
基本的に細麺好きなので麺については文句なし。バリ硬でもよかったかな。
ものの5分とかからず完食。スープの底の方にナッツ系の固形物が沈んでて、
こいつの甘みで辛さが和らぐのでスープもぺろりでございました。
観劇前でなければ替え玉いきたかったなー。
ちょっと気に入ってしまったので、池袋で麺が食べたくなったらまた行きたいです。
他のメニューや、もっと強力に辛いのも試さねば。うむ。

京都旅日記 '07(9) 晩餐。

旅日記なのにカテゴリが違う理由は読めばわか~るヽ(´▽`)ノ

下鴨神社から四条烏丸に移動。
前々からKちゃんが目を付けていた店でかーなり早い晩飯をば。

場所は四条烏丸の大丸の裏手。
「英多朗」という手打ちうどんのお店でございます。
ここのメニューに「ゆずラーメン」というのがありまして、
柑橘系大好きなKちゃん、気になって気になって仕方がなかったぞと。
ラーメンなのにゆず風味ですよ?
しかも、うどん屋さんのラーメンですよ?
こりゃ確かに気になる。食うしかなかろう。うむ。

私はネギがダメなのでネギ抜きでオーダー。
ストレートの細麺で、スープは鶏ガラベースですかねえ?
ゆずの風味が強くてスープの詳細がわからんっ。
でも旨い!
スープの表面を覆う背脂が全然気にならないサッパリ味。
一目見て「赤っ!」と思うほど入れられた一味唐辛子も合ってるわ。
うまうまー。
一口目でうっかり口の中を軽く火傷したけど(゚ε゚)キニシナイ!!

しかしKちゃんはというと「一味に隠れてゆずの味がわかりましぇん」。
ピリ辛系はからきしダメなんでした。ひーひー言いながら食べてる。
手伝ってあげたいけど、でもネギがどっかり入ってるから無理ッ。

お会計のついでに「一味抜きってできますか?」と聞いたらOK出たー。
次に来るときは一味抜きでオーダーしようね。
私は次は是非うどんを…って、来年も来るんかーい(笑)。

--------------------------------------------------

ぎゃー、もう朝9時ですか。何時間掛けて書いてるんだ、これ。
続きは夜にでも~。

歌舞伎町に行ったので。

あっさりラーメン
今夜の晩飯は天下一品にて。
何年ぶりかなあ、多分前回来たのは前世紀…orz

ここの売りは「こってり」なスープなんですが、
私は敢えて「あっさり」で。
「こってり」だと重たすぎるんだよねえ。

残念ながら、以前食べたときほどの感動はなし。
味が変わったのか、それとも私の味覚が変わったのか…?

せっかく歌舞伎町に来たからという理由で天一にしたけど、
考えてみたら天一なら池袋にもあるじゃん(苦笑)。
うーん、なんだか損した気分だ(´・ω・`)

Menu

プロフィール。 ▼

あき

  • Author:あき
  • ・特撮とか小西克幸とか福山潤とか小野瀬潤とかB-Tとか猫とか麺類とかが好き。
    ・歴女ではないけどBSRとのぶニャがの影響で戦国武将も好き。
    ・雨女。
    ・PC必須の在宅ワーカー。外出頻度低し。
    ・05/12/08 味ぽんから洋ぽんに、12/06/15 洋ぽんからWX01Kに機種変更。13/01/16 ハニビWX06Kを購入、3年縛りが解ける直前に壊れたよ! 今はiPod touch+モバイルルーターでねこあつめ楽すい☆
    ・11/11/21 かちゅからV2Cに乗り換えたら便利すぎてウフフアハハ。
    ・16/06/13『大航海時代Online』のプレイ再開しますた。天文学楽すい☆
    ヴェネツィア籍ですよ。冒険職バンザイ(´∀`*


    ↑ブログステッカーをお借りしました。

つぶやいてます。 ▼




カレンダー ▼

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

おすすめ。 ▼


↑ 助かってます
Just MyShop(ジャストシステム)
↑ 愛用してます

おトクな通販!
プレミアム バンダイ(魂WEB)
↑ 特ヲタ必見

おみくじ ▼

クリックするとおみくじが引けます。


(c)2005-2008 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

ブログ内検索 ▼

月別アーカイブ ▼